写真で見る『Xiaomi Mi Band 4』の本物と偽物

写真で見る『Xiaomi Mi Band 4』の本物と偽物

XiaomiのMi Band『3』を発売直後から愛用していて、シリコンバンドが切れたこともあり『4』に乗り換えました。
『3』はGearBestから購入しましたが、Amazonを覗いてみるとGearBestと値段に大きな開きがなかったため、『4』はAmazonから購入しました。
ただ、Amazonと言ってもマーケットプレイスからの出品だったので少し怪しさを感じていたところ、その懸念は的を射ることに…。

注文から一週間以上待ち、届いた商品は『M4』という商品でした。
パッケージを見た瞬間に「これは偽物だ。」と判断したので、即座に返品・返金処理を行いました。

そして問題なく返金されたので、性懲りもなくAmazonで正規品と思われる『Mi Band 4』を購入しました。

それにしても、即座にコピー品を製造する技術は、ある意味では素晴らしい。
せっかくの機会なので、本物と偽物を並べて写真に撮ってみました。

パッケージ(正面)

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
左が本物、右が偽物。
本物には右上にXiaomiのロゴがあります。
さらに、パッケージ自体が縦長となっています。

パッケージ(右側面)

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物

パッケージ(裏面)

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物

パッケージ(左側面)

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物

パッケージの印刷処理

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
分かりづらいかもしれませんが、本物のパッケージはホログラムの様に虹色になっています。

パッケージの封処理

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
本物のパッケージにはシールで封がしてありますが、偽物にはありません。

同梱物

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
偽物は商品がむき出しの状態でした。

本物の梱包

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
本物は商品が柔らかいビニールの袋に入っていて、シールで封がしてありました。

充電ケーブル

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
上が本物、下が偽物。
偽物はまるで『3』の充電ケーブルのようです。

マニュアル

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
上が本物、下が偽物。
本物は本のようになっていて厚みがありますが、偽物はペラペラの紙です。

本体(開封時)

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
上が本物、下が偽物。
開封すると本物はバンドがはめてありましたが、偽物は本体とバンドが別々となっていました。

本体(正面)

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
上が本物、下が偽物。
本物には保護フィルムがなく、偽物には保護フィルムが貼ってありました。

本体(裏面)

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
上が本物、下が偽物。
本物にはXiaomiのロゴがあり、センサー部分の作りが細かいです。

バンド

Xiaomi Mi Band 4の本物と偽物
左が本物、右が偽物。
偽物は汚れがあったり、全体的に作りが雑です。

手元の『4』が、本物か偽物か分からない方の参考になれば幸いです。

暮らしカテゴリの最新記事