成長とは誰がための成長なのか

成長とは誰がための成長なのか

教育と成長の違いを分かっていて言っているのだろうか?
※ここでいう成長とは、子供が大人になる生物学的な成長ではなく、内面的な精神面の成長のことです。

  • あなたのために言っている
  • 彼・彼女のためにあなたに言っている
  • 誰も言わないから言っている
  • あえて厳しいことを言っている

こんな風に言われたところで、そもそも言われている本人が「指導されている、教育を受けている」という自覚がなければ、ただの小言にしか聞こえないんじゃないかな、と思います。
著名な方の講演だろうと、興味があって聞く耳を持って参加しなければ、吸収率が全く違うのと同じようなことです。

  • ピンチになった時
  • 失敗して恥をかいた時
  • 自分を良く見せたい時

など、「なんとかしないとヤバイから頑張る」という状態に陥った時に、自ら必死で頭を悩ませて頑張ったり、それこそ指導されたり教育を受けて、成長をするんじゃないかなって。

成長とは、対象者ができなかったA地点から、できているB地点に進んだということ。

指導する・教育する側が強制的にレールに乗せて、A地点からB地点に行かせるものではない。
指導する・教育する側がすべきことは、そのレールに乗せるよう道標を作ってあげること、そして促すこと。

  • 自分のレールを走ってきたけど、もしかしたら、このままだとヤバイかもしれない
  • あっちのレールに乗ったら明るい未来が待ってそう
  • 方向は同じでもあっちのレールに乗った方が早そう

と気づきを与えてあげることで、自ら成長するよう頑張って動き、指導する・教育する側の言うことも素直に聞くのではないだろうか。

容易なことではないけれども、不可能ではない。
まずは、指導する・教育する側のエゴとならぬよう、相手の気持ちを敏感に感じとらなければならない。

ふと思ったことがあったので、今の考えを書き残してみました。
数年後に読み返すと、また違った考えになっているかもしれません。
その時は、何かしら自分も成長をしている、ということなのでしょう。

ブログカテゴリの最新記事