書籍「本を読む人だけが手にするもの」

書籍「本を読む人だけが手にするもの」

藤原和博さんの「藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」を読んで面白かったので、「本を読む人だけが手にするもの」を読みました。

読み終わった感想

僕自身、そこまで本の虫という訳ではありませんが、そこそこ読書が好きなのでこの本のタイトルにまんまと釣られました。
タイトルから想像できる通り、本を読むことのメリットがこれでもかと紹介されています。

本を読んだ方が良いことは十二分に理解したのですが、そもそもこの本を手にとって読んでいる時点で既に以前より読書をしているわけで、どちらかと言うと読書の習慣が無い方に読んで欲しい一冊です。
ただ、読書の習慣が無い方にどう読ませるのか…

僕はビジネス書や自己啓発書の類が好きで、小説などはほとんど読みません。
しかし、本書を通じて、あらゆる本を乱読する必要があることを強く感じました。
読了後、比較的苦手っぽい本も、今度手に取ってみようと思いました。

付録の“藤原和博の「これだけは読んでほしい」と思う本・50冊”は、何か良い本無いかなと渇望している方にはオススメです。

本を読む人だけが手にするもの

書籍カテゴリの最新記事