書籍「多動力」

書籍「多動力」

何万の仕事を同時に動かす「究極の力」。
堀江貴文さんの「多動力」を読みました。

多忙を極める堀江さんは、どのように仕事をこなしているのか。

読み終わった感想

簡潔にまとめると「自己中」であれ。

なるほど。自分の人生なんだから、自分の好きなように、自己中心的に考えて自己中心的に行動に移せばよい。
そして、自己中に動くにはいずれ手が(時間が)足りなくなる。
だから徹底的に無駄を排除しようということでしょうか。

そのためには、世の中の常識にとらわれてはいけないし(その時点で自己中ではない)、恥をかくことを恐れてはいけない。
まずは一歩、踏み出すことから。

各章の末に「やってみよう!」というチェックリストがあって、すぐにでも試して自分を変えたくなります。
現代に沿った内容でとても面白い一冊でした。

ますます堀江貴文さんが好きになりました。

多動力

書籍カテゴリの最新記事